特許翻訳上級
4月/10月(半年)
特許翻訳者になりたい!
無料講座「入門の入門」

コース総合案内
受講修了者の声(平成28年)

■Oさん(男性/33期・翻訳上級コース、Skype受講)
 半年間ありがとうございました。
SKYPEでの参加でしたが、教室にいるのとかわりなく勉強することができました。 これも、板書などを丁寧に送ってくださるなどの心遣いのおかげです。

 2回の懇親会に参加させていただき、一緒に半年間勉強してきた皆さんとも 楽しい時間を過ごすことができました。奥山先生にサインもいただけましたし…。

 修了して翻訳をやっていくためのスタートラインにつく準備ができたのだと思っています。 今後本格的に翻訳を手がけていけるように、さらに勉強していきたいと思います。 また、近日中に翻訳の職につくための相談にものっていただければと思っております。 あらためて半年間ありがとうございました。
 今後ともよろしくお願いいたします。

■Fさん(女性/33期・翻訳上級コース)
 半年間お世話になりました。 未経験ながら特許翻訳への転職を目指して行き詰っていた時に友人からエイバックを紹介してもらいました。 最初はこんな高い授業料は払えない、と受講する気はなかったのですが、転職の目処も立たず焦りが積もる中、 賭けてみることにしました。

 エイバックの先生方はそれぞれに個性的でユーモアがあって質問しただけご指導していただけるとてもいい環境で勉強させていただけたと感謝しています。 本から自習できることもあるのですが、やっぱり自分で悩みながら訳して、添削していただいて、疑問を解消していくというサイクルのなかで学ぶのにはかなわないと思いました。

 先月から再び転職活動を始め、おかげさまで今回は全ての応募先でトライアルを通過できました。 来月から特許事務所で自分の希望分野の特許翻訳で採用していただけることになりました。 不安も大きいのですが、発注者から信頼してもらえる翻訳者を目指して、しっかり経験をつんでいきたいと思っています。まだまだ勉強しなくてはならないことが沢山ありますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします、ありがとうございました。

■Sさん(女性/33期・翻訳上級コース)
 講師の先生方、事務局の皆様、半年間どうもありがとうございました。 また、先週はお電話で今後の相談にのっていただきまして、どうもありがとうございました。

 今は、今後のことを色々と考えております。
受講を決める前から堀部さんにはいろいろと相談に乗っていただき、 半年待たずにすぐ始める決心がついたのも、堀部さんに背中を押して頂いたおかげです。
特許の世界は初めてでしたが、卒業時には無事、A判定を頂くことができました。
ちゃんと一人前の特許翻訳者になって、エイバックを卒業した、と胸を張って言えるよう、 これからも前向きに勉強していきたいと思っています。
 今後ともよろしくお願いいたします。

受講修了者の声(平成27年)

■Tさん(女性/32期・翻訳上級コース)
 1月からG社での勤務を開始して、あっという間に半年以上経ってしまいました。予想通り初めてのことばかりで今もまだ奮闘中です。スクールで学んだ知識だけを手に、何とかやらせて頂いております。
仕事も育児も初めてのことばかりで手探りの日々ですが、その分この半年、前職を退職して以来の充実した日々を過ごしているように思います。白髪も増えました(笑)

 日々色々なことがある中で、一つのことを続けていく難しさを、子供を持ってから一層強く感じています。エイバックさんは相当な年数スクールを続けていらっしゃって、でも続けて下さったおかげで、私のように人生を大きく転換することができた人が数えきれないほどいるんでしょうね…。 学生の頃から翻訳者を夢見ておりましたので、この会社に入社して「特許翻訳者」と書かれた名刺を手にしたときには、感極まるものがありました。一つの夢が形になった瞬間を一人かみしめていました。でも不思議なもので、一つの夢が形になった瞬間からもうゼロスタートを切っていて、今はやはりフリーの翻訳者として独立することが夢です。因みに、手近な目標としておりました、エイバックの受講料をこの仕事で稼ぐ、というのは無事達成しました(笑)

 前の会社を退職して丸2年、社会復帰を高いハードルと感じていた私に心強い武器を与えて下さったエイバックさんに本当に感謝しています。お決まりのセリフのようですが、でも本当に、今の私があるのはエイバックさんのおかげだと思っております。正直なところ、やはり産後は無理かもしれないな…、と思ったときも一瞬ありましたが、堀部さんとお話ししていると大したことではないように思えてふっ切れた瞬間があったことを今でも覚えています。あとは勢いで乗り切った!という感じです。

 ですので、私を卒業までしっかり引っ張って下さったその力強さでこれからも色々な方々を応援してあげてください!!
 本当に有難うございました。

■Aさん(女性/32期・翻訳上級コース)
 先日はありがとうございました。
 ひと段落ついたら、弁理士の勉強をしたいと思います。
 事務所はとてもいいところです。N先生はじめ皆さんに、温かくときには厳しくご指導頂いています。エイバックさんに出会わなければ、こんな就職はできなかったと思います。おかげさまで、人生が変わりました。
 スクールに入学する前は、特許や特許翻訳を全く知らず、最初の面談で、世の中の厳しさ乃至特許翻訳の世界の厳しさを教わりました。それでも決意してこの世界に飛び込んで良かったと思います。
 スクールでは、はじめは明細書を全く読み進められず苦労しました。しかし、モチベーションの高いエイバックズームで、なんとか翻訳者になるための力をつけることができました。

 一年後、特許事務所を紹介していただきました。エイバックさんの紹介なら願ってもないことでした。運良く内定をもらい、早速働かせていただいております。仕事は大変ですが、とても楽しく働いています。事務所の人たちは、みな協力しあい助け合いながら、かつ、自分の仕事に責任を持ち、とても雰囲気のよい事務所です。そのようなところで働けることは本当に幸せなことだと感じております。
 こんな私が、これだけ良い環境で働けるに至ったことは、厳しく温かい堀部さんのご教示と、エイバックズームのおかげです。未熟な私ですが、これからも特許翻訳の仕事に励んでいきたいと思っております。

本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

■Mさん(女性/32期・翻訳上級コース)
 2013年度3月に東京校上級特許翻訳コースを修了したMです。おかげ様で昨年2社の日英トライアルに合格いたしました。御社スクールの講座がなければトライアル合格はなかったと思います。
本当にありがとうございました。
 今後もセミナー等でお世話になる機会もあると存じます。
 よろしくお願い致します。

受講修了者の声(平成26年)

■Mさん(男性・翻訳上級コース)
 ご無沙汰しております。修了生のMです。 私は、エイバックズームで頑張った甲斐あって、翻訳会社から転職して、特許事務所内の翻訳者をしています。偶然ですが、一緒に勉強した I さんと同じ特許事務所です。

 今から振り返ってみると、エイバックズームでの経験は自分の大きな力になっていると感じていて、堀部さんにはとても感謝しています。
 H(弁理士試験合格)さんのニュース、すごく励みになります。ありがとうございます。

■Mさん(女性/28期・翻訳上級コース)
 現在、特許事務所からお仕事をいただいてフリーランスで翻訳を始めました。
日々、勉強しながら、希望していた化学分野(医薬など)を訳しています。

 ただ、コメントに毎度、ここの翻訳の自信がないからチェックお願いします、と書いてしまう そんな日々です。

 また新しい講習があるのですね。
今回は厳しそうなのですが、もっと勉強したいと思っています。
また機会があれば、ぜひ参加させていただきたく存じます。
ご案内ありがとうございました!

■Tさん(女性/31期・翻訳上級コース)
 昨日、A社トライアル試験及び一次面接を受け、本日合格通知を頂きました。来週、二次面接(最終)を受けさせて頂く予定です。 昨日の面接では、「日英のトライアルの評価は最高でした。向いてると思います。」と言って頂けました。もう嬉しくて跳び上がりそうでした。 本当にありがとうございました。
 来週の面接も合格できるように頑張ります。
 (2週間後再び)
 報告させて頂きました通り、無事にA社に採用して頂けることになりました。本当に、本当に、有難うございました。
 大学卒業後6年間、以前の会社に勤務し退職後結婚、出産を経て2年間無職の時期を過ごし、こうして新たなスタートラインに立つことができたのはエイバックスクールと堀部さんのおかげに他なりません。転職の壁を非常に高く感じておりましたので、今心底ほっとしております。しかしのんびりしている暇はありませんので、早速保育園を探して出来るだけ早く勤務を開始できるようにしたいと思います。
 下記、修了生の声として使って頂けましたら幸いです。
=======
 文系出身、前職も特許とは全く無関係だった私がこの度某翻訳会社の内定を頂くことができました。これはひとえにエイバックスクールと堀部社長のおかげです。
 完全な未経験レベルから、たった半年でトライアルで良い評価を頂けるレベルまで引き上げて頂けたのは講師の方々のご指導と日々の課題が常に実際のお仕事を前提とした実践的なものだったからだと思います。また受講生の方々も皆さん意識が高く、途中、継続していくことが難しいと思った時期もありましたが、良い刺激を頂きながら最後まで受講することができました。
 今後もまだまだ分からないことだらけで勉強の日々が続きますが、フリーランスでコンスタントに受注できるレベルを目標に新しい職場で頑張っていきたいと思います。
 本当に有難うございました。

■Sさん(男性/WEBコースから、29期・上級コース)
 第29期生のSです。
 WEB講座から始めてこの10か月間、堀部社長、講師の先生方、エイバックズームの皆様には大変お世話になりました。
 これまで書籍などで特許翻訳について自習してきましたが、著者によって書いていることが違うこともよくあり、日々疑問や疑念を抱えておりました。上級講座では、著名な弁理士の先生方に直接質問することで、そうした疑問点を大幅に減らしていくことができたと感じています。
 本来、特許翻訳という業は、特許事務所などの環境で先輩から後輩へと伝承されていく考え方や技術を前提としているのだろうと思います。エイバックの上級講座では、そうした理想的な環境に近いものを体験できるため、この業界で生きていくために必要な心構えと知恵を得ることができたと思います。
私自身はまだ特許翻訳実務を始めるには至っておりませんが、今までとは違い、視界が開けてきたのを実感しております。
 今後ともよろしくお願いいたします。

■Iさん(男性/31期・翻訳上級コース)
 数日前に最終講義を終えたばかりで、まだトライアルは受けておりませんが、自分の特許翻訳力が飛躍的に向上したと感じています。私は9年ほど前に特許翻訳業務に1年半ほど従事した経験があり、知的財産部にも所属しておりましたが、翻訳セクションでは同僚同士で教えあう文化が希薄であり、自習するしか上達の道はありませんでした。
 今回翻訳上級コースで3名の講師の先生方に添削をしていただき、更に質問にも丁寧にご回答いただいたことで、特許翻訳業における「肌感覚」を身につけることができたように思います。
高いレベルで実務をこなしている方だからこそできる、実体験から導き出される回答を得られます。
これだけのプロに、自分の質問をぶつけることのできる機会は、もうないと思いました。

   実務者にとっては重要でも、特許関連サイト、MPEP、書籍等文字情報には明示されない翻訳技術が多々あります。恐らく実務者だけが身につける「コツ」なのでしょうが、それを当人から聞くことができ、疑問点を答えて貰えるのは大変貴重な経験だと思います。実際私は、過去の翻訳業務の運用で間違っていた点を多数発見致しました。
多くの講師の方々は翻訳の納品をクライアントとして受け取っています。クライアントが本当に求めていることが何かということも、よくわかりました。

   29期の皆さんとは今後も勉強会を続けていくことでコンセンサスが取れており、既に次回の日程や検討課題も決まっています。
 翻訳レベルの近い、しかも半年机を並べていた方々は、私にとって非常に貴重な存在です。このような繋がりを作る事ができたのは、堀部さんの人徳だと思っています。
 今後ともご指導よろしくお願いします。

■Kさん(男性/28期・東京上級コース)
 私事ではございますが、おかげさまで、H社様よりトライアル合格 の連絡をいただきました。
 合格対象分野は英日/日英:情報通信と なります。特許翻訳者への入り口につながる足掛かりを得たといっ たことろでしょうか。
 堀部さんが仰っていたように、これからが本 当の勝負だと思っております。クライアントから信頼される翻訳者 となるべく、問題意識をもって日々精進してまいります。

 堀部社長、講師の先生方、半年間大変お世話になりました。
 有難うございました。

受講修了者の声(平成25年)

■Tさん(女性/27期・東京上級コース)
 半年前まで、特許についても何も知らず、仕事で英語を使うことは皆無でしたが、 上級クラス修了直後、堀部さんからご紹介頂いた先のトライアルに合格し、その後、 その翻訳会社の特許部門で、校正と翻訳のお仕事をさせていただくことになりました。
 こんなに早くお仕事をさせていただけることになるとは、思ってもみなかったので、驚きと喜びで一杯です。

 面接の際、翻訳のトライアルの出来がかなりよかったと、お褒めの言葉をいただきました。まさに、エイバックでの学習の成果です。
 全くの初心者の私が、こうして、翻訳者としての一歩を踏み出すことができたのは、ひとえに、温かくも厳しい先生方のご指導と、 レベルが高く向上心溢れるクラスメートの皆さんのお蔭です。心から感謝しております。

■Sさん(男性/27期・大阪上級コース)
 第27期・特許翻訳上級コースを大阪校にて受講しておりましたSと申します。 半年間にわたり、大変お世話になりました。
 おかげさまで、このたび特許事務所より、日英の特許翻訳者(正社員)として内定 をいただくことができました。
経験者以外での採用は私がはじめてのようなので、本当にうれしく思っております。
エイバックの優秀な先生方によるきめ細かな授業内容のおかげで、今回、内定をいた だくことができたと思っています。

 特許翻訳の入り口にようやく立つことができましたが、これからが本当の勝負だと 思っています。
今後も色々とお世話になることがあるかと思いますが、どうぞよろしくお願いしま す。

 末筆になりますが、親身になって相談にのっていただいた堀部社長、青山さんには 本当に感謝しています。
   本当にありがとうございました。

■Nさん(男性/WEBコースから27期・東京上級コース)
 半年間にわたり、大変お世話になりました。 この半年間の研修で翻訳者としてのスタート台にたてそうな気になってきました。
そのような気持ちになれることが1つの成果であると思っています。

 私は、日⇒英の明細書翻訳を開始できることになりました。(1つめがトライアルに相当するようです)
先生方のお話では2-3年は初心者レベルのようですので、まずは継続して仕事がいただけるよう レベルアップに努めていきたいと思います。

 私の場合、在宅での仕事になりますので翻訳者仲間という付き合いがありません。
仕事を継続して行うなかで、今後ともお世話になることがあろうかと思いますが、宜しくお願いいたします。

■Kさん(女性/WEBコースから27期・東京上級コース)
 最初4月にコースが始まった時は、特許の知識も翻訳の経験も殆どなかったので、こんな私が特許事務所で働いている方や、実際に特許翻訳者の方と肩を並べて勉強していていいのだろうか・・?と不安でした。加えて、文系出身で、技術内容も全く分からず、最初は特許翻訳の分野に足を踏み入れてしまったことを後悔しました。

 そんな私も、WEBコースの後、上級コースの半年間を終えた今、トライアルにも合格して、特許翻訳者としての一歩を踏み出そうとしています。
実際にお仕事が始まるのは少し先なので、まだどうなるか分かりませんが、これからもっと今まで以上に勉強して、早く一流の特許翻訳者になれるように頑張りたいと思います。

 知識も経験もなく、心配性で怠け者な私がここまで頑張ってこれたこと、そして特許翻訳者としての一歩を踏み出せたこと、それらは全て先生方やクラスのみんなのおかげだと思います。
半年間一緒に学ぶことが出来て、本当に良かったです。なので、半年のコースが終わってしまって、今少し寂しく感じています。

 またみんなで時々集まれたらいいな、と思います。
その時に、がんばってるよ!と胸をはって言えるように、これからも勉強を続けていきたいと思います。
半年間、本当にありがとうございました。

■Sさん(女性)
 昨年の4月から翻訳コースでお世話になっていたSです。お久しぶりです。

 本日特許事務所から弁理士として採用いただけるとの内定をもらいました。
今年の4月から0歳の息子を保育園に預けることができたので、5月から転職活動を開始して、かなり早く内定もらえたとの印象です。

 外国への出願が今後増えるそうなので、各国の特許制度について勉強して欲しいとのことでした。翻訳コースでも少し講義があったと 思いますので、復習プラスαしたいと思います。

 昨年はいろいろ相談にのっていただきありがとうございました。
 また落ち着いたら、近況報告いたします。今後とも宜しくお願いします。

■Yさん(男性)
 東京25期生(平成24年9月終了)のYです。
特許翻訳をやることを決心して、別の学校の通信教育で特許翻訳を勉強していましたが、どこがポイントなのかが分からず、考え込んでいたところ、偶然インターネットでエイバックのHPを見つけて、受講することにしました。
 先生方それぞれに、特許翻訳で必要な考え方を、それぞれの視点で教えて頂きました。堀部社長には、翻訳会社のトライアルの受け方、提出する職務経歴書の書き方まで、親切なアドバイスを受けました。困ったときに質問すると教えて頂けたので、心強かったです。

 今回、特許翻訳者として翻訳会社に転職できました。やっとスタート地点に立てましたが、エイバックで教わったことを実務で生かして、早くプロになりたいと思います。
 堀部社長と講師の先生方、同じクラスの受講生の皆さん、いろいろとお世話になりました。

受講修了者の声(平成24年)

■Cさん(女性)  
 特許翻訳上級アドバンストコースではお世話になりました。今回参加した理由は、最近は翻訳のフィードバックを頂くことがほとんどなくなり、自分の訳し方で良いのかを確かめたかったのと、特許について知識不足なままだったため勉強したかったのと、英訳の学習を始めたいと思っていたからです。
 英文和訳については、日々の翻訳作業の中で、ただ字面だけを追って機械的に訳すことが日常化していたことを痛感しました。文意に忠実に訳すこと、発明のストーリー/発明の核心がどこにあるのかを理解すること、バックグラウンドから訳すことの大切さなどを改めて認識しました。
 和文英訳については、means for の取り扱い、その他の表現に関することなど、大変勉強になりました。他の翻訳者の方たちの訳を参考に、学習を進めていこうと思います。
 こうした機会を提供していただきどうもありがとうございました。

■Mさん(男性) 
 半年間本当にお世話になりました。Mです。
 エイバックスクールでの半年間は、翻訳の勉強だけでなく、みなさんのいろいろな話が聞けて、とてもいい経験になりました。他のスクールの通信課で学ぶことも考えていたのですが、エイバックスクールに通うことにして本当に良かったと感じています。
 今後のことはまだ未定ですが、とりあえず翻訳者として続けていきたいと考えています。まだまだ未熟者ですが、特に技術の知識が足りないのでその辺をもっとなんとかしたいです。きちんとした日本語で書かれていても厳しいのに、表現が曖昧だったり誤記が多かったりすると、内容の難しい翻訳だと現状ではお手上げです。。
 また、翻訳だけでは退屈なので(?)、最近はワードのマクロをいろいろ試して、少しでも楽をしてやろうと考えています。明日もそんな感じのセミナーに行ってきます。

■Tさん(女性) 
 入学前からいろいろと助けていただき、無事コースを終了することができました(これからが本番ですが!)。
 開講前におすすめいただいた本を読んでから授業に臨んだことは、授業を理解する上で大変ためになりました。特許翻訳の勉強を始めたことにより、常々興味を持っておりました特許の世界、特許事務所の世界への理解を少しずつではありますが深めることができていると実感しています。ますますこの世界への興味は高まり、7月に知的財産管理技能検定3級を受験し、合格することができました。
 すべて堀部さんのおかげです!ありがとうございました。心から感謝申し上げます

受講修了者の声(平成23年)

■Sさん(中国出身の女性)

 エイバックズームを卒業しましたSです。
 沢山お世話になりまして誠に有難うございました。

堀部さんのおかげで、知財業界に最初の一歩を踏み出すことができて、心より大変感謝しております。
一生の恩人だと肝に銘じております。

 今の事務所での仕事は大変ハードであり、慣れるには努力と時間が必要です。また、落ち着いたら報告いたします。
 今後ともどうぞ宜しくお願いします。

■Kさん(男性)

大阪校を修了しましたKです。
この半年間、講師陣の諸先生方はじめ事務局にはたいへんお世話になりまして、厚く御礼申し上げます。
身辺の慌しさにまぎれて御礼が遅くなりましたこと、お詫び申し上げます。

この半年間、特許翻訳の経験を全くもたない私を受け入れてご教授下さいましたことは、深く私の心に残り感謝の念で一杯です。
特許という分野に限らず、”技術翻訳はかくあるべし”という技術翻訳の基本も教えていただいたような気がします。これを機に会社にても、 他の翻訳業務にても、講義中に教えていただいたことを思い出し、翻訳業務に活かしていきたいと思っております。

堀部社長様、諸先生方におかれましては、毎日が多忙を極める生活と存じます。どうぞご健康に留意され、さらにご活躍されることを期待しております。
たいへんお世話になりましてありがとうございました。

■Nさん(女性)

特許翻訳上級コース(2011年修了)の名古屋会場でお世話になりましたNです。
半年間に渡りお世話頂いたことにお礼を申し上げたく、メールさせて頂きました。

コース開始当初は長く感じられた半年でしたが、今となってみればあっという間でした。
宿題と仕事の両立が大変なときもありましたが、普段にはない明細書翻訳の機会を頂けたこと、またさらにそれを毎週添削して頂けるという機会を頂けたことに感謝し、自分なりに半年間精一杯やってきたつもりです。
普段は主に1人で中間処理の翻訳をしているため、今回エイバックスクールに通って初めて同業の仲間と出会えたこともあり、スクールが終了してしまって寂しい気持ちですが、大変思い出深い経験となりました。
講師の先生方には、お忙しい中毎週講義をして頂き、丁寧に添削もして頂いて、感謝しきれない思いです。
エイバックスクールの方々にも、特許翻訳を学ぶ機会や、同業の仲間と出会う機会を与えて頂き、大変感謝しています。

今後については、明細書翻訳に向けた勉強を続けるとともに、実務経験を積むことができる機会を探していきたいと思っています。
その際には、またお世話になるかもしれません。今後も引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。
講師陣の先生方にもよろしくお伝え下さい。半年間、どうもありがとうございました。

■Sさん(女性)

お世話になっております。
特許翻訳上級コース第21期生(東京)のSです。
おかげさまで、特許事務所の日英登録翻訳者として忙しく仕事をしております。

特許翻訳会社の登録翻訳者としてしばらく仕事をしておりましたが、ブラッシュアップのため、本講座を受講しました。
フリーですと、自分の英文を見てもらう機会がありません。丁寧な添削を受けることができたことと、特許翻訳について、 仕事のやり方を含めいろいろ考える時間が持てました。

受講中に、特許事務所の登録翻訳者として採用が決まりました。

また、第1回特許翻訳上級アドバンストコースも受講しました。ここでは、新しい判例がでると、クレームの構成についてもそれにあわせて 変化していくことを学ぶことができました。このコースを受講していたので、特許事務所の登録につながったところがありました。

エイバックの講座は、フリーランスにとっても非常に役に立つ内容です。特許翻訳者としてレベルアップしたことを実感しております。ありがとうございました。
継続講座、新規講座について、楽しみにしております。

受講修了者の声(平成22年)

■Mさん(女性)

ご無沙汰しております。
第21期生のMと申します。
スクールでは大変お世話になり、ありがとうございました。
スクールを修了してから力試しに大手翻訳会社のトライアルを受験しましたところ、
お陰さまで合格し、日英の特許翻訳者として登録することができました。

正直なところ、受講を決めたときには実務に就くことも日英の方の翻訳をすることも考えていなかったのですが、
課題を通じてひとつひとつの訳語にこだわることを教えていただいたことが、トライアル合格につながったのではないかと思います。

半年という短期間で実務の方へ一歩進むことができたのは、先生方のご指導は勿論のこと、堀部社長のサポートのお陰だと深く感謝しております。
今後はスクールで学んだことが生かせるように、ひとつひとつのお仕事を大切にして、
また一歩先に進むことを目標に頑張りたいと思っております。

■Yさん(女性)

お世話になっております。
特許翻訳上級コース(21期/H22年9月修了)を受講いたしましたYです。

私事で恐縮ですが、特許事務所への就職が決まりましたのでご連絡させていただきました。 8月末に応募した大阪のN特許事務所から本日採用決定の通知をいただきました。
今月12日から勤務し、外国事務を担当させてもらう予定です。

面接ではエイバック特許翻訳上級コースのことを聞かれました。
そのことも評価され今回採用していただいたと思います。
ありがとうございました。

エイバックで学んだことを活かしながら、一日でも早く事務所のお役に立てるように努力するつもりです。 今後とも何卒よろしくお願いいたします。
メールにて恐縮ですが、取り急ぎお礼申し上げます。

■Oさん(男性)

特許翻訳上級コース21期(H22年9月修了)のOです。
おかげさまで、都内の某国際特許事務所への採用が決まりました。
私の場合、米国への留学、特許法律事務所での米国実務、特許翻訳業務、米国弁理士試験合格者としての経験も考慮して頂き、特許翻訳者以上の 米国実務業務も期待されてます。我ながら、やりがいの有る職場を選べたものと思います。 最終面接にて、エイバック・スクールのユニークな授業スタイルを面接官の弁理士先生に説明できたのも採用を決めて頂いたキーポイントかもしれません。

スクール受講中の特許翻訳専門家James Hughes先生による翻訳課題評価の厳しさは、やはり、受講後に理解出来ます。 某国際特許事務所でも翻訳テスト(電気分野)の弁理士先生(外国担当)による添削説明を受けましたが、Hughes先生と同じレベルの評価をされました。 日本語の表現1つに対しても、対応する英語表現の選び方次第では、大問題に発展する一例を実感させられた気がします。

入所してからも、勉強する事務所ですので、精進して行きます。
今まで、いろいろと相談に応じて頂き、有難うございました。又、これからもtwitterにてつぶやきます。では、失礼します。

■Yさん(女性)

20期生(H22年3月修了)のYです。
おかげさまで都内の国際特許事務所への就職が決まりました。
特許事務および翻訳というポジションで、全体が見えるお仕事をさせて頂けそうで、これまでの経験も活かせそうですし、願ってもないチャンスです。

先週月曜日に応募、今週月曜日に面接があり、今日合格の通知がありました。
早速明日から就業開始です。昨日(3月末)で前職を退職したところだったので、タイミングもぴったりでした。3か月は試用期間ですが、その後は私の希望年収額は出せますという事でしたので、これからしっかりと頑張りたいと思います。

面接では、通翻訳の経験やITプロジェクトで技術文書等も多少経験したことをとおして、特許翻訳をやってみたいと考え、エイバックで勉強をした事をアピールしました。
スクールでは「何も足さない、何も引かない」がモットーの高度な授業だったというお話もしました。

私から翻訳内容の質問もしました。
翻訳と言うよりは自分自身でのコレポンと、登録商標や実用新案関連の仕事、さらに慣れて来てやる気があれば明細書、クレームをお願いする事もある、との事でした。
面接の感触は非常に良かったのでたぶん大丈夫なのでは、と思っていましたが、これで落ちたらどれだけがっかりするだろうとも思い、お電話を頂くまではちょっと心配でした。

堀部さんが同期のCさんの体験談を教えて下さった事などでとても勇気づけられました。
また、これからも講座に参加させて頂いたりすることもあると思います。
むしろ仕事が始まってからの方が迷いが出てきたりするかもしれないと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

いろいろありがとうございました。

■Cさん(女性)

 いつも大変お世話になっております。H21年秋の「特許翻訳上級コース」を受講中のCです。私は長い間翻訳業に携わってくる中で、ずっと特許の分野に関心がありました。ただ難解そうで知識もなく、これまでと分野が全く異なることもあり、なかなか飛び込めずにいました。

 昨年、堀部さんに背中を押していただいて受講に踏み切ったところ、クラスが始まって間もなく特許事務所から翻訳のお仕事を頂き、さらにその数週間後、別の国際特許事務所の求人を堀部さんに教えていただき、ダメもとで面接に行ったところ、特許翻訳者として正社員採用していただくことができました。

 授業が始まって2ヶ月もしないうちに、全くの未経験から念願かなって特許業界で働く人になりました。あまりに素早い展開に、自分でもとても驚いています。一歩踏み出すことで望みは叶うんだなあと実感していますし、エイバックのクラスを受講していなかったら、このチャンスやご縁には恵まれていなかったと思いますので、堀部さん、先生がた、スタッフの皆様には心から感謝しています。

 本当にどうもありがとうございました。残り少ない授業でも、できるだけたくさんのことを吸収したいと思っています。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

■Ⅰさん(女性)

お世話になっております。
何期修了生か忘れましたが、何年か前にお世話になりました、Iと申します。

エイバックスクールの「特許翻訳上級コース」を修了後、通信学習にも半年ほど行い、だめもとで特許事務所を受けました。お陰様で特許翻訳者として雇っていただき、そろそろ1年になります。

メーカーで長く勤めてまいりましたが、その際は社内翻訳者として、製造から品質保証、経理、営業など、社内で発生する翻訳を行ってまいりました。しかし何か専門性が欲しいと思い、特許翻訳の道に進もうと決心して、御スクールを受講させていただきました。

お陰様で、無事、転職できましたことを遅ればせながらご報告させていただきますと共に、ご指導いただきましたことにお礼を申し上げます。
特許翻訳は本当に奥深く、まだまだ目標とする特許翻訳者像は遠いのですが、日々頑張りたいと思っております。

今後の皆様のさらなるご発展とご活躍をお祈りいたしております。
どうもありがとうございました。

受講修了者の声(平成21年)

■Aさん(女性)

特許翻訳者になりました。
「フリーランスの特許翻訳者」としての第一歩を踏み出せたことを嬉しく感じております。
特許翻訳者への道を最初に開いて下さったのは半年間毎週通ったエイバックのスクールです。
ありがとうございました。そして今後とも何卒よろしくお願い致します。
 おかげさまで、コンスタントに仕事をいただくようになり、納品する前に次のが来るくらいで、大いに焦りながらもがんばっています。
本当に運が良かったと思っています。大変だけど充実しています。本当に、エイバックさんに通ってよかったです。
 特許翻訳に関しては、思いがけず早くに実務の場につくことができ、
これも、エイバック様で特許翻訳の基礎を教えていただいたからだと思っています。
自分でもこの急展開に驚いています。きっとエイバックさんが、幸運を運んでくれたのだと思います。

受講修了者の声(平成20年)

■Yさん(女性)
お久しぶりです。
2008年3月特許翻訳上級コース(大阪)修了生のYです。
スクールではいろいろと学ばせて頂きまして有難うございました。
さて、この度うれしいご報告がありまして、メールさせて頂きました。

現在まで、M社で派遣で特許事務や中間書類の翻訳の仕事をしていましたが、10月から大阪のN特許事務所さんで特許翻訳者として勤務させていただくことになりました。
明細書の翻訳を一から教育していただけるということで、仕事上で経験をつませていただける機会をいただけまして大変うれしく思っています。

今後も、エイバックで学んだことを生かして頑張りたいと思います。

■HKさん(男性)
 東京の特許翻訳上級コース(平成20年修了)でお世話になりました、HKと申します。
 受講申し込みとほぼ同時に応募していたⅠ国際特許事務所で技術者(外国特許部門)として採用していただき現在、英文明細書の和訳を中心に仕事をさせていただいております。 採用の際に所長様からエイバックズームさんの特許翻訳コースについて色々と聞かれました。 そのこともあって採用されたのだと思います。

 授業の中では、1つ1つの言葉にこれほど敏感にならなければならないのだと強く再認識しました。翻訳に対する姿勢そのものが大きく変わったように思います。
 他の翻訳コースと違い、1人の先生に教えていただくのではなく、数人の先生に教えていただくということで、特許翻訳について色々な視点からの話が聞けて大変良かったです。また、同じ授業を受ける仲間から大きな刺激を受けることもできました。

 お世話になった先生方、堀部さんには本当に感謝しています。
     ありがとうございました!

■Yさん(女性)
大阪の特許翻訳上級コース(平成16年修了)でお世話になりました、Yと申します。
その後、去年冬に、東京で行われました、中間処理翻訳に参加させていただきまして、大変良い勉強をさせていただきました。また、2日目コース終了後に、堀部様と受講生の方々とお話する会にも参加させていただき、色々なアドバイスをいただき、大変ためになり、また勇気づけられました。ありがとうございました。

さて、先程7月16日のセミナーについてメールを頂きありがとうございます。是非とも参加したいと思ったのですが、当日はあいにく予定がありますので、残念ながら欠席させていただきます。また、次回のセミナーを楽しみにしております。

ところで、去年の中間処理翻訳のセミナーは、本当にすばらしい先生で、わかりやすい内容で、是非今年も同じような内容の講座があれば受講したいと思い楽しみにしております。また、同じ先生で、中間処理英訳だけでなく、特許明細書英訳のコースなどもあれば、是非受講したいと思いました。

特許翻訳ができるようになるまで、私の場合は先が長いですが、がんばりたいと思っています。
どうぞ今後ともよろしくお願い申し上げます。

■Aさん(女性)
名古屋の特許翻訳上級コース修了生のAです。ご無沙汰しております。
実はその後。。。9月中旬のスクール修了後、O国際特許事務所で外国事務の募集 に早速応募し、無事採用となりました。 既に前職を12月で退職し、今年1月からO特許事務所にて働いております。

翻訳の仕事ではありませんが、前職ではかなわなかった“外国特許実務”に 専門的に携わることができて、忙しいながらも充実した毎日を過ごしております。

これも、エイバックの特許翻訳講座のおかげです。また事務局のご支援にも感謝しています。
思い切って受けて、本当によかったです。
冗談でも大げさでもなく、人生が変わりました。家族も喜んでいます。

今はまだ、新しい職場の仕事の進め方を覚えるので手一杯ですが、 また改めて翻訳の勉強を再開したいと思います。
また機会がありましたらぜひ参加させていただきたいと思っております。

■Tさん(女性)
エイバック翻訳上級コース(2006年修了)でお世話になりましたTです。大変ご無沙汰しております。
コース終了直後に入社した会社もこの春で丸2年になります。また去年の春に自社の翻訳トライアルを受けて何とか合格し、その後少しずつですが社内翻訳の形で仕事をさせてもらっています。
社内翻訳は決まった顧客の案件が多いのですが、最初はいろいろと注意を受けたりしながらも、その後継続してお仕事をいただけるようになってきました。最近は翻訳の依頼量により、月によっては校正よりも翻訳の方が多くなることもあります。分野的には機械が多いのですが、なにせ根っからの文系人間なもので、図面と格闘しながら想像力を駆使(?)して毎日苦しんでいます。いかに限られた時間でより良い訳文をつくるか、難しいところなのですが、たっぷり時間をかけたところで迷路に入り込んでしまってかえって悪化させたような感覚をおぼえることもあり、試行錯誤の毎日です。

お蔭様で、馬車馬のように働かせていただいております。。。
まだまだ学習が足りないもので、今後ともご指導の程よろしくお願い申し上げます。
それでは末筆になりましたが、ご多幸とご活躍をお祈りいたします。
また大阪の懇親会などでお目にかかれるのを楽しみにしております。

■Kさん(女性)
お久しぶりです。 昨年、翻訳上級コースを大阪で受講していたKです。
明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年1月より、A特許事務所にて勤務をさせていただいております。
エイバックの先生方には本当にお世話になり、感謝しております。
こうして望んでいた仕事に就くことができたのも先生方のおかげです。
まだまだ勉強することばかりですが、日々精進していきたいと思っております。

受講修了者の声(平成19年)

■Nさん(男性)
仕事が一区切りし、少し時間の余裕ができたことから 軽い気持ちで受講した本講座ですが、自分なりの手応えもあり、 現在では、実務を視野に入れて取り組んでみようかと思案しております。
先生方は、多数の答案を短時間で丁寧に添削してくださり、 授業中の助言も非常にわかりやすく適切だったと感じています。

複数の講師が担当されるというスタイルも、 翻訳に対する多様な考え方に触れることができ、 刺激的かつ有益でした。

■Rさん(女性)
現在、外国事務と翻訳を同じくらいの割合で担当しておりますが、自分の英文については常に不安に感じていました。

エイバックの授業を受けるようになってから、翻訳という作業に携わるためには、1つ1つの言葉にこれほど敏感にならなければならないのだと強く再認識しました。翻訳に対する姿勢そのものが大きく変わったように思います。
1人の先生に教えていただくのではなく、4人の先生に教えていただくというのは、各々の先生方の個性を感じ取ることができて大変興味深かったです。また、同じ授業を受ける仲間から大きな刺激を受けることもできました。
まだまだ勉強していかなければいけないことは、たくさんありますが、授業の復習をもう一度十分にし、授業中に紹介していただいた多くの参考書を少しずつ読んでいこうと考えています。

翻訳の楽しさを日々感じつつ、勉強を続けていきたいです。
半年間、大変お世話になりました。今後もよろしくお願いします。

■Yさん(女性)
半年間、色々とお世話になりました。
終わってみればあっという間でしたが、得たものはたくさんあり、また新しいキャリアに向かって一歩踏み出す決意が固まりました。本当にありがとうございます。

これからまだまだ勉強を続けていかなければなりませんが、スクールで学んだことをベースに頑張っていきたいと思います。

■Tさん(男性)
いろいろお世話様になり有難うございました。
全くの素人で分野違いの自分が何とか合格点をもらい少しやれそうなところまで 知識が身に付いたのは、やはり、講義の構成と先生の熱意、生徒皆なの真剣さであったと感じます。 

和訳講義の後半で表現方法、単語、例えば、方向、部分、回動、mean-plus function,wherein,  such that,などの使い方を集中的に受けましたが、非常に役に立ちました。
このような独特な表現方法を毎回の講義中に系統的に組み入れてはいかがでしょうか。
講義の期間、時間などはちょうど良かったと思います。

講師の皆様、エイバックの皆さんに御礼申し上げます。

受講修了者の声(平成18年)

■Hさん(女性)
特許関係の仕事に就きたくて独学で勉強していましたが、実務経験のない私にはわからないことだらけ。
そこで、現在はアメリカに住んでいるのですが、思い切って帰国し、エイバックの短期コースに出席しました。

クラスでは毎回実践的な宿題が出され、特許翻訳に関する知識も効率よく得ることが出来ました。
私にとっては毎回初めて知ることばかりで、ハイレベルで刺激的な授業でした。

アメリカに帰国してから早速レジュメにエイバックで学んだことを記載し、あちこちの特許事務所に応募しました。
アメリカでは実務経験がない人にとっては非常に敷居が高い特許の世界ですが、熱意とエイバック で学んだ特許に関する基礎知識が認められたのか、全米でもトップランク の、すばらしい法律特許事務所に無事就職することができました。

まだ特許に関する勉強は始まったばかりですが、これからも初めてエイ バックで学んだ時の緊張感とドキドキを忘れずに、頑張ってスキルアップ していきたいと思います。

特許の世界へのスタートとしてエイバックを選んだのは大正解でした。
お世話になった先生方、堀部さんには本当に感謝しています。
ありがとうございました!

■Sさん(女性)
お世話になっております。修了生のSです。
さて、紹介くださった「A国際特許事務所」への転職ができ、6月より正所員として勤務をはじめております。
ほんとうに、ありがとうございました。

早速、明細書の英訳や中間手続コメントの英訳をはじめています。
上司や先輩に丁寧に指導してもらえる、ありがたい日々で、
(今のところ「戦力外」の見習いの日々です。)
しかも、職場環境も幸いにして私には合っているようです。

メールで申し訳ないのですが、お礼申し上げます。
ありがとうございました。

受講修了者の声(平成17年)

■Nさん(女性)
懇親会以来ご無沙汰しておりました。お元気ですか?
今年の夏の米国研修では充実した日々を過ごすことができました。

実はこの度、今まで勤めていた会社を今月末付で退職することになりました。
夫の転勤が主な理由です。急な話だったので現在夫は単身赴任中ですが 来年3月中には子供たちと共に転居する予定です。
T駅からすぐのマンションなので都内への通勤は可能ですね。

今後はフリーランスの特許翻訳者として(仕事をいただけるメドがたちました) 活躍するべく努力を続ける所存です。
エイバックさんに紹介していただけるような優秀な特許翻訳者になれたら・・・と。

夫の転勤がきっかけではありましたが 「フリーランスの特許翻訳者」としての第一歩を踏み出せたことを嬉しく感じております。
特許翻訳者への道を最初に開いて下さったのは半年間毎週通ったこのスクールです。
ありがとうございました。そして今後とも何卒よろしくお願い致します。

■Kさん(女性)
ご無沙汰しております。Kです。1年前に特許翻訳上級コースで特許翻訳を勉強させていただきました。
半年ほど前には、就職のアドバイスを頂きましてありがとうございました。
その後ある国際特許事務所に翻訳者として就職しまして、はや半年がたとうとしています。 環境にも恵まれ、今月からは、外国出願の実務を始めました。

実は、翻訳者として業務に携わるかたわら、翻訳管理として、外注翻訳への発注や納品の業務を行なって いたのですが、正直申しまして、「この程度か・・・」と、いう品質のものが多いことに気が付きました。

そこで、いずれ、在宅翻訳者となったとき、ただ翻訳経験を重ねるだけでは、十分な品質のものを提供できないのではと、 思っていた矢先に、外国出願の実務者として、仕事をする機会に恵まれました。

まだまだ、特許関連の知識が乏しく、勉強が毎日です。いずれ、在宅翻訳者として、また多くの在宅翻訳者の中でも、 品質的にも差別化できるように、がんばって参りたいと思います。

今年の冬は寒く、体調崩されません様、お過ごしください。
末筆ながら、今年の懇親会、楽しみにしております。

受講修了者の声(平成16年)

■Uさん(女性)
おかげさまで、コンスタントに仕事をいただくようになり、納品する前に次のが来るくらいで、大いに焦りながらもがんばっています。
本当に運が良かったと思っています。大変だけど充実しています。本当に、エイバックさんに通ってよかったです。
新アドレスを作りましたのでお知らせします。(略)

スクールは終わりましたが、これからも連絡は入れるつもりです。 末永く、よろしくお願いいたします。

  感謝をこめて・・・

■Mさん(女性)
C社さんの仕事の件ですが、本当に運良く、今後もコンスタントにお仕事を下さると言われました。あちらの提示の翻訳料は、私の提示した金額には届きませんでしたが、現在の実力相応と思いすぐOKしました。力がつけばまた状況も変わってくるだろうと思います。でもこれで、仕事をこなしながら勉強をしていける環境ができました。それだけでもありがたい気持です。トライアルであれだけ添削されたのに、使ってくれるというんですから。もちろん、当分はこの会社一本でいくつもりです。

こうなると、ヒューズ先生の厳しさと細かさにはますます助けられることになりそうです。スクールが終わったあとも、できるならしばらくはあの先生には添削して欲しいくらいです。私も人に教える仕事をしていましたので、厳しくする大変さはよくわかりますし、それ以上に、自分のどういうところを直せばよくなるのかをわからせてくれることのありがたさは身にしみています。

受講修了者の声(平成15年)

■Sさん(女性)
ご紹介頂きありがとうございます。今度の先でもし採用が決まってもしばらくは大緊張です。でもどんなにがんばっても実力以上のことはできないので、いずれにせよコツコツと力を付けるしかありません。できるなら仕事をいただきながら勉強を続けられれば一番厳しくていいのですが、まずは一週間待たなければなんとも言えません。
でも今回のことで気持がひきしまり、家での時間のすごしかたも変わってきました。そういえば、ご紹介いただいた先には長くやってくれる人がいいと言われ、私がふだん家にいることをお伝えしました。主婦である事のメリットも意外にあるもんだと驚いています。
(2週間後)
早速お仕事をいただきました。図を含めて26枚あり!! まだトライアルの段階で試されていると理解し、しっかりと納品したいと思います。
エイバックでの勉強は、すごく勉強になっているという感じがしています。スクールがまだ1ヶ月残っていて、仕事もいただいて、これからどう勉強していくか思案しています。
他のトライアルのことは考えないで、しばらくは1社だけでやっていこうかと思っています。主婦業もあるし、無理をしないでいただいた仕事をしっかりと頑張りたいと思います。

■Mさん(女性)
特許翻訳の経験を積める場を探していたのですが、一件、特許事務所から、請負でお仕事をいただけることになりました。 特許翻訳未経験の私でも、特許翻訳のノウハウを実務でご指導していただきながら、学習する場を与えていただけるというのです。
特許事務所はいまいち敷居が高く、理系出身でなく、未経験者の私に は入所は無理かな、とも考え始めておりました。翻訳の世界では経験者というのが非常に需要ですし、 これはもう、受けるしかない!というわけで、迷わずお請けしました。(基本的に在宅勤務ですので 今までのフリーランスの取引先とも並行してお仕事もできます。まさに理想的です)

これはもう、チャンスです。

特許翻訳に関しては、思いがけず早くに実務の場につくことができ、 これも、エイバック様で特許翻訳の基礎を教えていただいたからだと思っています。
という中で、学校へ通うのが時間的に非常に難しくなりました。あと数回、何とか行きたいですが…。 特に奥山先生の授業は非常に系統だっていて重要なポイントが述べられるので、ぜひ行きたいと思っています。
自分でもこの急展開に驚いています。 きっとエイバックさんが、幸運を運んでくれたのだと思います。

■Tさん(男性)
私はもともと他分野の在宅翻訳をしておりましたが、特許翻訳にも興味があったことから受講させていただきました。
受講後、たまたま翻訳者を募集している特許法律事務所があり、応募したところ、幸に採用となり、以来その事務所に勤務しております。 以上のような次第のため、しばらくはこの当事務所で頑張りたいと思っています。
エイバックズームで教えていただいたことは、採用試験や、日々の仕事においても非常に役立っています。 ありがとうございました。

講師の先生方もすばらしくく、また受講生もできる方が多く励みになりました。
スクールの一層のご発展をお祈りいたします。

受講修了者の声(平成14年)

■Aさん(男性)
スクール開講当初は、特許事務所勤務で、主として明細書を担当して おり、翻訳は不定期的に担当しておりました。そして、スクール受講 期間中の6月末に、ある翻訳会社に登録され、以来定期的に仕事をも らえるようになりました。おかげさまで、現在は、特許事務所を退職 し、かねてからの念願どおり、翻訳専業でやってゆけるようになりま した。 今のところ、1社のみから仕事を頂いているのですが、フリーランス で仕事をしている関係上、1社だけに依存する形にはしたくないとい う希望があります。そこで、合計で2~3社から仕事がもらえるよう に、登録先を増やしたいと考えております。

■Oさん(男性)
以前はなかなか依頼が来なくて待機状態のことが多かったのですが、ここ一ヶ月位前から続けて仕事が入るように なってきました。まだ、スピードは出ないので、1日12時間位仕事していますが、今の調子で頑張っていけば、 報われるような気がします。特許翻訳の考え方は講座で十分教えて頂いたので、それがベースになって色々な局面 で活きています。

■Nさん(企業勤務の男性)
(株)A のNです。スクールで学習した内容をいろいろな面で実務に生かすことができ、感謝しております。 単に、翻訳のチェックだけでなく、アメリカ・ヨーロッパでの明細書に対して多面的な 見方ができるようになったと実感しています。

■Aさん(企業勤務の男性)
最近、ある翻訳会社で『1年以内に登録した翻訳者の研修会』というものが あり、出席してきました。卒業当初有原先生にずいぶんご厄介になりましたが、現在のところ特許の仕事は来ません。でもこの会社から契約書関係を沢山頂きます。エイバックの 授業料は卒業後半年以内に回収しました。その意味でもあのスクールに通ってよ かったです。

■Nさん(女性)
以前から勤めていた特許事務所で、主に中間処理の翻訳を担当しています。 以前は事務がメインで翻訳が少しだったのですが、せっかく勉強してきたから、ということで、翻訳がメインになりました。 今後も、勉強になる講座がありましたら受講したいと思っておりますので、 何か新しい講座などありましたら、教えていただけると嬉しいです。
それから、翻訳連盟主催のほんやく検定で、英文和訳(特許)を 受験したところ、1級に合格することができました。次回は英訳を受験するつもりです。 これも、エイバックで学習したからこそ合格できたと思っております。 どうもありがとうございました。

■Sさん(男性)
懇親会のお返事が遅くなりまして申し訳ございません。最近翻訳の仕事が大変忙しくて、また 会社の仕事とも両立しなければなりませんので、おそらく時間の都合ができないと思 いますので、残念ながら欠席させていただきます。

受講修了者(第3期生、H13年4月~13年9月生)の声

■Yさん(男性)
いつもお世話になっております。
「A翻訳会社」のトライアル結果が出ました。和英翻訳の翻訳者として登録する運びになりました。登録に際しては分野等を来週相談することになっており、ビジネスモデルや情報通信分野も希望しようかと思っています。先方の総合的判断で和英にしたとのことで、自分の英語も特許翻訳で使ってもらえるところまで来たのかという満足感と、和英でのスタートとなり意外な感もありますが、ともかく土俵に上がれたというところで、頑張っていきたいと思います。 また、B翻訳会社の方も合格しました。これからが本番でたいへんだと思いますが、頑張りたいと思います。

■Aさん(男性)
エイバック特許翻訳スクール御中
 別件ですが、ご紹介頂いた「C翻訳株式会社」からトライアル問題が送られて来まして、10月5日の締切めざして頑張っています。ありがとうございました。
(後日) ところでご紹介頂いた「C翻訳株式会社」からトライアル合格(日英、英日とも)の連絡を頂きました。これからまたお助け頂くこと多々あろうかと思います。今後ともよろしくお願い申し上げます。取り急ぎお礼とご報告まで。

■Hさん(女性)

上級コースらしく、翻訳に必要な特許法の知識や特許明細書の構成等を、ある程度知っているものとして授業が進められたのでちょうどよかったです。英文和訳では、いかに内容を理解するかを教えて頂き、ためになりました。和文英訳ではネイティブの先生に、ネイティブにしか分からないような感覚についての質問がたくさんできてよかったです。終了後も事務局と関りを持っていたいです。特許翻訳業界についての情報交換がメールなどでできたらよいと思います。 

受講修了者(第2期生、H11年10月~13年3月生)の声

■Kさん(特許事務所勤務、20代女性)
過去TOEICの点数が700点台止まりで、800点台が取れませんでした。 エイバックの特許翻訳上級コースを受講してから、試しに受けたらいきなり 900点台の点数が出て、自分でもビックリ。宿題提出の半年間はアッという間に 終わったかんじです。受験勉強以来の頑張りをしたこと、また論理的な読解 力がついたのだと思います。 特許翻訳者としてやれそうな自信を得ました。

■Sさん(50代男性、受講前から特許翻訳を始めている人)
奥山先生のLesson は、特許英語作成上の実践的なお話で私には大変有益でした。 特許クレームの英語のtermや表現を考えるとき、忠実性と実質的表現との間 で何時も頭を痛めていました。奥山先生の講義は、発注者の立場からどのように 納品すべきか、との視点で講義をして頂きましたので、訳文に迷った場合などに どのように判断し、どのように納品すべきか、との点で大変有意義なコースでした。 有難うございました。

■Yさん(過去に特許事務所勤務を経験、20代女性)

エイバック特許翻訳上級コース終了後、いくつかの先に対して特許翻訳のトライアルに 挑戦しましたところ、仕事をさせていただけるところが見つかりました。 今年のゴールデンウィークは、翻訳の仕事でゆっくりする時間がなくなりました。 エイバックさんで特許翻訳の仕事がありましたら、宜しくお願いします。

(株)エイバックズーム  エイバック特許ビジネススクール
東京都千代田区神田小川町3-2
03-3292-2700 staff@zoomin.co.jp
特許翻訳上級コース