スクールを開講して17年、第35期生 2月から募集開始!! 東京・大阪 プロを輩出している特許翻訳上級コース。 プロとして継続的に仕事を取るための訓練を14名以内の少人数で行います。 17年の実績とノウハウ、一流の講師陣、全員参加の訓練方法、4ヶ月で飛躍的にプロのレベルに引き上げます。 修了後の独立・就職支援にも感謝の声が届いています。
     
個別相談 随時受付け中
第35期(4月開講)募集中! 医薬・バイオコースも新開講!
エイバック特許翻訳上級コース
<本科>英文和訳(7回)、和文英訳(8回)、全15回
(TEL 03-6205-3489)
資料送付、説明会、受講等申込み(Mail Form)

受講申込(FAX)
説明会申込(FAX)
TOPへ戻る
第35期生募集中
◆東京(本科)◆
29年4月12日(水)開講
◆東京(医薬・バイオ)◆
29年4月18日(火)開講
◆大阪(本科)◆
29年4月13日(木)開講

特許・知財翻訳のプロを
育てる講座・訓練コース

(TEL 03-6205-3489)
資料送付、説明会申込
受講申込み(Mail Form)

35期説明会・デモ授業 開催 FAXで申込 

説明会と併せて実際の授業を体験して頂きます

 <東京説明会、デモ授業>
(本科、医薬・バイオ合同)
3月1日(水):18:30〜21:00
会場:赤坂エイトワンビル

 <大阪説明会、デモ授業>
3月2日(木):18:30〜21:00
会場:大阪科学技術センター

説明会に出席できない方は個別に説明します。平日夜間・土日祝日も対応可。
TEL 03-6205-3489
メールで事前相談申し込み
PDF版


PDF(東京、大阪)
内容は変更になる場合がございます。


(FAX・PDF)説明会ご出席ご希望の方はこちらをプリントアウトしてお申込み下さい。

(FAX・PDF)受講申込はこちら


翻訳者の人気ブログ    

   <関連無料講座>
2016年7月 開催!!
東京:7/23(土)13:30pm〜
  特許翻訳者になりたい
  「入門の入門」  

推薦書籍

2015年7月新刊  
著:丸島敏一 監修石井正

2013年11月新刊  
著:酒井 將行 森すみ子
(推薦のことば:奥山尚一)

2012年3月新刊  
共著:田辺 徹、酒井 將行
(推薦のことば:片山英二)

特許翻訳者になりたい!

第35期 募集中!(遠方の方限定:東京本科のみ Skype受講枠2名も募集中)
授業内容を一部刷新、受講料のご負担も軽くなりました。
-------------------------------------------
◇特許翻訳のプロを育てる講座・訓練コース◇

◇本科◇1回2.5時間、和訳7回、英訳8回、全15回/37.5時間、4ヶ月コース
         教材サンプル(英日)  教材サンプル(日英)

◇医薬・バイオ◇1回2.5時間 全4回(和訳) ←NEW!!
          教材サンプル1  教材サンプル2

修了生を対象に翻訳会社のトライアル受検をサポートします→詳細は こちら

資料請求・受講申込・個別相談等 お問合せください。

-------------------------------------------
『特許翻訳サロン』
東京、大阪 次回は8月頃を予定しています。

  弊社スクール修了生の現役特許翻訳者をお招きして体験談をお話し頂きます。
  「文系出身でも特許翻訳者になれる?」「効率の良い勉強方法は?」
  「何年勉強したらプロになれる?」「専門分野はどうやって決めれば良い?」等々
  特許翻訳を学ぶ前に知りたいことを、現役で活躍するプロに質問してみませんか?

-------------------------------------------
1.スクールで全ては学べない。自分で重点をおくべき勉強方法を理解する。
2.翻訳者としてのスキルの磨き方、考え方、判断(翻訳の判断に迷うことが多い)を学ぶ。
   ⇒質問とディスカッションに重点をおきます。
3.翻訳文と納品はどのようにあるべきか、のぞまれる特許翻訳者のありかたを学ぶ。
 (宿題は、<擬似発注><擬似納品>と位置づけ、継続的に仕事を得るノウハウを学ぶ)
4.実際の出願事例を教材に出来るだけ多くのケースを扱うことにより、上記の問題点を学ぶ。
5.なお、特許翻訳を学ぶ対象としていることから、弁理士の方々がその資質向上を意図して受講
 される場合も想定している。

◎上記の考え方から、講師陣は国際出願(外国出願)の専門家であり、発注者でもありチェッカーでもある一流の実務家、弁理士、米国特許弁護士を中心に構成、プロを育成出来る布陣です。
◎教材は一流企業の最新出願を出来るだけ多く掲載し、日米(欧)の対訳利用が可能な編集をしております。
◎20以上の例題はその対になる実際の翻訳出願公報をお送りします。この資料はスクール修了後の自習教材としても利用ができます。

◇従来の受講生◇…最近は弁理士の方、中国語の出来る方の受講が増えています。
勤務先等    特許事務所:50%、 企業:35%、 他分野の翻訳者:15%
英語のレベル TOEIC 700-800:10%、800-900:50%、900以上:40%
           英検  準1級:70%、1級:30%


【教室】
1.東京
赤坂エイトワンビル7F
 (東京都千代田区永田町2-13-5)  地図
2.大阪
大阪科学技術センター
 (大阪市西区靱本町) 地図

【受講料】
本科◇ 226,800円(税込)
医薬・バイオ◇ 60,480円(税込)

【定員】各12名 
東京(本科)はSkype受講枠2名有り
【授業時間と回数】
週1回、18:30〜21:00 (2.5時間)

【本科】(東京 水曜、大阪 木曜)
 英文和訳7回、和文英訳8回、全15回
【医薬・バイオ】(東京のみ 火曜)
 英文和訳4回、全4回 和文英訳も開講予定


【受講料の割引等】
・NIPTA会員企業・事務所職員割引…お問合せ下さい
・特許翻訳WEB講座受講済の方割引有
@中級添削コース20000円、A基礎閲覧コース10000円

  (割引の併用は出来ません)
    

【独立支援と就職支援】
入校と同時に「独立支援と就職支援」をスタートさせます。
1.企業や特許事務所からは修了生の紹介を求められる事が多くなり、すでに約200人以上の修了生がフリーランスの特許翻訳者として活躍しています。
2.希望者はスクールの「人材情報シート」を提出、当スクールの関係先からの問い合わせに人材照会をします。また、1人1人の事情に合わせた作戦を個別指導しています。
3.受講生の転・就職希望の多くは、受講中または修了後早い時期に実現、その実績は高いものがあります。★希望者の7-8割が希望を実現しています。

【事前の個別相談重視】・・・入り口が大事です。事前に自分を知り、自分は何を重点にスキルを磨くべきかを知る。また、スクール後にスクールをもう一度利用することも大事です。

「いつまでに・どうなりたいのか」、受講料以上のものをスクールで得るために、具体的な目標設定が重要です。 それぞれの人の経験や個人的な事情などに応じたアドバイスを個別にします。ご連絡ください。
お電話お待ちしています。TEL 03-6205-3489(担当:坂元)
【受講中・受講後】
 ・独立希望者、就職・転職希望者には、それぞれの事情に合わせた夢を実現すべく、個別相談
  を重視しています。
 ・今後当社のセミナー、関連書籍の割引も適用されます。

特許翻訳を学ぶ人へ
アドバイス1  アドバイス2
18年続く上級コースの前に
も是非お聞き下さい
上級コースの「基本教材&例題集」
           
 共通教材の下記書籍を配布
    特許翻訳者のための
  「特許法と制度の基礎知識」
      A5版 170頁
下記のメールフォームが文字化けする場合は、右の項目などを記入の上お送りください。
 ⇒E-mail staff@zoomin.co.jp
◆スクールのお問合せ◆
入校案内請求は こちらへどうぞ(E-mail)  又はお電話ください。TEL 03-6205-3489

「エイバック特許ビジネススクール」事務局行き
「特許翻訳上級コース、入校案内、個別相談」を下記のように申し込みます。
------------------------------------
◆氏名:
◇送付先
・〒 ・住所
◆E-mail:
 TEL:
◆入校案内送付希望(   )
(下記相談希望がありましたら)
◆希望日時:        地区:東京/大阪:(    )
◆電話を希望(   ) 面談を希望(   )
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
折り返しご連絡いたします。(担当:坂元)
------------------------------------
(株)エイバックズーム(TEL 03-6205-3489)

「電気およびITの技術分野」を中心とした「特許翻訳上級コース」は幅広い人が挑戦できます。

【講師が違う】
奥山東京主任教授(弁理士・Ph.D)は、 ヨーロッパの新人弁理士をも教育する実務家です。また酒井大阪主任教授(弁理士)も 外国出願で著名な実務家であり、その実務と経験に基づく授業・演習は他では得られないものです。さらに 外国への出願や海外からの出願を毎日手がけている一流の弁理士、米国人ネイティブ弁護士・弁理士・翻訳家により、 各会場日本人3〜4人、米国人1〜2人を講師に加え、まさにプロを養成できる布陣です。

【授業が違う】
外国出願の戦場にいる講師陣が、国際出願の実務家として、翻訳発注者として、さらに翻訳者としての 立場から宿題の添削と演習による指導を行います。普通のスクールでは得られない貴重で大量な情報、スキルが得られます。
★演習と授業の進め方:
 毎週原則、1特許公報を扱い、その中から担当講師が指定する部分が課題(宿題)となります。 課題は擬似発注・擬似納品として位置づけられ、翻訳者として独立するために必要な多くの訓練をおこないます。
 原文である特許明細書は起草者が特許権を主張をするために自身の文章表現と論理により言葉でそれを説得しようとしています。 その明細書に書き込まれたストーリーを理解し、起草者の考え・ポイントが読み解ければ翻訳はほぼ出来る状態になります。
 そこには起草者の立場で原文を読み解く姿勢が強く求められます。また翻訳された訳文を読むのは誰なのかを理解する必要があります。 その結果としての全員の訳文を評価し、添削された資料が全員に配布され演習の材料となります。
宿題はE-mailで
毎週1公報より、講師指定の
20〜25行の翻訳文
提出は、原則2週に1度

【修了後のチャンス】
当スクール修了生で希望者には複数の特許翻訳会社への試験に挑戦する方法があります。 過去の希望者の多くが合格し、仕事を受注しています。(修了生の声・参照) 特に最近は当スクールの出身者が、特許事務所や翻訳会社で、または独立して活躍する人が多くなっています。

■講師陣のご紹介等    説明会のFAXお申込みはこちら      FAX での受講お申込み
【東京説明会会場】
日時:3/1(水)18:30〜
場所:赤坂エイトワンビル7F、千代田区永田町2-13-5
【大阪説明会会場】
日時:3/2(木)18:30〜
場所:大阪科学技術センター、大阪市西区靱本町1-8-4
東京  
■東京本科主任教授:
弁理士、Ph.D 奥山尚一先生(久遠特許事務所(代表))
昭和55年早稲田大学理工学部電気工学科卒
昭和57年アイオワ州立大学化学科卒
昭和62年シカゴ大学化学科博士課程修了(Ph.D.)
平成2年弁理士登録 (社)日本国際工業所有権保護協会(AIPPI)理事 日本ライセンス協会理事
ヨーロッパ/FICPI(Patent Drafting Training Course) 常任講師   日本知的財産翻訳検定・副理事長、ODA「日中知財翻訳者育成事業」講習委員、平成19年日本弁理士会副会長
H23年−24年度日本弁理士会会長就任、現在内閣府知的財産戦略本部会議員

■担当教授:
弁理士 有原幸一先生(久遠特許事務所副所長)日本弁理士会継続研修企画運営部所属
特許翻訳専門家 James D. Hughes先生
外国法事務弁護士 David Albagli先生(米国カリフォルニア州弁護士、
            米国特許商標庁資格、ホワイト&ケース外国法弁護士事務所所属)

■医薬・バイオ担当教授:
弁理士 田中康子先生(エスキューブ国際特許事務所代表)                       

大阪
■大阪主任教授:
弁理士 酒井 將行 先生  
東京大学 工学部 物理工学科卒業(1985)、同大学院 修士課程修了(1987)  三菱電機(株)勤務、1996年弁理士登録、深見特許事務所(1994-2011)勤務、副所長を経て退職。その間 1994年より17年間、国内外の企業をクライエントとして、電気・電子・ソフトウェア分野の出願、審判の他、判定、鑑定、訴訟などの 特許実務に従事。
(2011-)現在、国際電気通信基礎技術研究所知的財産担当部長
著書:「新・英文特許100の常識」(共著)
「外国出願を見据えた日本語クレームドラフトの実務」
              
■担当教授:
弁理士 川上桂子 先生(弁護士法人イノベンティア)
  1989年 大阪大学基礎工学部情報工学科卒業、1989-1993年 日本銀行電算情報局勤務
  2001年弁理士登録、2009年6月インテリクス国際特許事務所参画、2016年2月川上特許事務所設立
  2009年- アジア弁理士協会本部理事
特許翻訳専門家 上野幸夫先生 
米国弁理士 James W.Judge先生 2016年 ハブス・エナツキー・イノウエ外国法事務弁護士法人に所属
特許翻訳上級コース・授業風景
授業風景(東京)
授業風景(東京)
授業風景(大阪)
授業風景(大阪)

 
【主催】
(株)エイバックズーム
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー3階

    *内容については一部変更になる事があります。