トップへ戻る           弁理士会継続研修申請講座          お申込み(FAX/PDF)


米国特許制度における係争と改正特許法(AIA)

米国改正特許法AIAにおける優先検討事項を議論/事前要望テーマも取り上げます。
講師の紹介

米国特許弁護士 Joseph P. Farrar
オリオンコンサルティング有限会社代表取締役
ニューヨーク州弁護士登録1996
米特許商標庁登録2003
AIPLA会員
エイバック特許翻訳上級コース講師
知的財産翻訳検定試験委員会委員
米国人特許弁護士と日本人弁理士と
が同時/共同で講師をつとめる討論型セミナー
米国特許弁護士/日本人弁理士とがそれぞれの実務視点からくる考えるべきテーマを議論、参加者にも議論に加わっていただきます。

 まず、講師書き下ろしの特許係争ストーリーを提供させていただきます。ストーリーの展開を追って行くと、米国特許制度上考慮すべき諸事項が浮かび上がって来ます。このセミナーは具体的な文脈の中でそのような諸事項の解説を試みます。なお、メイン講師であるファラー先生は、東京に在住し、米国特許弁護士として活躍され、ご自身で小説も書かれるという奇才です。  取り扱われる予定の諸事項のうちには、米国特許出願で日常的に遭遇するAnticipation、Obviousnessに関する問題の他、通常の業務では直接登場することが少ないが、知っておくべきDiscovery、Trade Secrets、Antitrust等といったことが含まれています。
本セミナーでは、今般の改正米国特許法についても、プラクテイス全体に影響があることを考慮し、重要なテーマをできる限り詳細に解説いたします。受講対象としては、米国特許制度に関する知識の取得に意欲的な弁理士、知財部員といった方々を想定しています。  同時に、受講者よりご要望のテーマを事前にお知らせ頂き、取り上げる予定です。
受講者よりの事前ご要望のテーマ
お申込み(E-Mail)
◇日本弁理士会継続研修講座申請中(3単位)◇
当社は日本弁理士会の外部研修機関として認定済みです。また、この講座は申請中です。この研修を受講し、 所定の申請をすると外部研修として3単位が認められる予定です。
◆受講対象者◆ 米国特許制度に関する知識の取得に意欲的な弁理士、知財部員といった方々
◆ 日   時 ◆ 平成24年3月6日、火曜日:13:15〜16:45pm 、3.5時間
◆ 受 講 料 ◆  @(一般)、18000円(消費税別) A(修了生割引)16000円 (消費税別)
            *割引対象:当社の、特許翻訳上級、中間処理翻訳、明細書・意見書作成,、他当社のコース修了生
◆ 会  場 ◆  中央大学駿河台記念館または総評会館、(いずれも千代田区神田駿河台) 【MAP】
◆ 定  員 ◆  40人
◆申込期限◆  2月28日、【事前要望テーマ提出期限】2月24日24:00pm厳守
◇受講の方へ◇入金確認後、随時資料(PDF)をMail発送いたします。早めにお申込下さい。
   ★ご注意  入金後または2月28日(火)以降のキャンセルは出来ません。
           代理出席は可能ですので、早めにご連絡ください。


メールフォームでのお申込は⇒◆こちら◆
FAX(pdf) でのお申込は⇒◇こちら◇

(株)エイバックズーム 
お問い合わせは staff@zoomin.co.jp   TEL:03-3292-2700  FAX:03-3292-2701