エイバック
  特許翻訳者への扉を開く
----- 3つのアドバイス -----
(その2)
無料セミナー
東京&大阪
特許翻訳
『入門の入門』
基礎〜中級、添削と閲覧
何回も質問可
【質問コーナー】Q&A
特許翻訳の仕事は効率がよく、高い収入が得られる。
日本語の特殊性ゆえ、日本人の独占マーケットである。
しかし、あなたは自分には難しいとあきらめていませんか?

   1.英語が好きで一定のレベル(TOEIC700程度以上、英検準1級程度)にある
   2.高校時代では理科系科目が好きであった
  上記に該当するようであれば、あなたは特許翻訳者になれる可能性は大です。
  既に活躍している特許翻訳者の多くは語る「能力があるのにあきらめている人が多い」、と。
  しかし、勉強のしかたを間違うと大きな回り道をしてしまうこともある。

それでは、どのように勉強し、どのように扉をひらくか?

アドバイス2 ⇒ 特許翻訳者に求められるもの:謙虚さと柔軟性
◆特許翻訳者にとって最も大事な事はなにか?◆

アドバイス1

特許翻訳者は何をする人なのか、の基本を身につける

・特許文書の役割・特徴の理解
・和文英訳の力をつける基は英文和訳
・特許翻訳者のしてはいけない2点
・内容も大事だが形式も大事
・翻訳者に必要な特許制度の理解

Coming soon !!
随時掲載します

アドバイス3
自分の技術分野を持つ
・自分の経験からの技術分野
・もらった仕事は徹底的に調べる
・自分の用語集を作れ
・パソコンの使い手になれ

翻訳者は事業主だ
・自分の友人・知人/講師は最初の大事な人脈だ
・スクールは修了後に本当に活用できる
・1人に渡した名刺は50枚と思え
・自分を探しているクライアントは必ずいる

人気ブログ
<大変参考になります>

◆アドバイスの必要な方は◆
電子メールでどうぞ
メール

または=こちら=
 からお送り下さい。



フリーランスになる翻訳者にとって最も重要なことは
@仕事を継続的に得る:これを実現すること

特許翻訳者になるということは事は、『継続的に仕事を得る』ということです。
これが実現できなければ、特許翻訳者として生活できない。
<必要なこと>
1.特許文書の様式・形式、慣用表現、を完璧にマスター(覚えればすむこと)
2.自分が仕事をする技術分野をきめて、知識・理解力をつねに磨く
<特に1.は重要>
これが出来てないと中身がいくら良く出来ていても発注は来ない。

Aトライアルに成功した人と失敗した人に

一般的には、翻訳会社のトライアルをとおして仕事に入るケースが多い⇒
自分のマーケットバリューの判断とトライアルのタイミングを考える。
トライアルに失敗すると、通常同じところで1年間は再トライアルは出来ない。
自分の力を確かめるにはレベルの高いスクールに参加して、確かめるのも1方法。

トライアルに合格してもまだ本当の合格ではない⇒
合格後もらった仕事が本当のトライアルになる。その数回の仕事の納品レベルで仕事を出してよい人かどうかを判断される。

実力があるのに英訳のトライアルに失敗する人へ⇒
⇒特許英語または英語自体の基本的なミスをおかしていないか確認してください。
英語にあって日本語にないもの…a,the、単複、などのミス。日本語の頭で英語を書いてないか、つまり原文を日本語のままファジーにとらえており、 英語表現で単純なミスをしていないか。英訳作業の時、自分の頭はどの時点で英語に切り替わっているのか考えてみることも必要です。


B納品と発注者への配慮・・・後工程(発注者)はお客様
作品が納品されたらそれですべて終りではありません。必ずその後の作業をする複数の人たちがいます。 その「後行程の作業」自体が本当のお客様と考える。
★誰が自分の作品を評価するのか?・・・発注者を含めた後工程の人たち
<New !!>
1.なぜ納期は絶対なのか、その意味
特許翻訳者の作業は1工程です。つまり、1連の外国出願手続きを行う作業の内の1つの工程に過ぎません。
皆さんの翻訳文を基礎として、その英文明細書にさらに修正を加える実務家がいます。出願手続きの期限にあわせ最後の作業をする人がいます。 納期に遅れれば、その期限までの作業時間を奪うことになる。
2.訳者コメントは大事、発注者への配慮が必要
納品時に簡潔にして自分の作業状況を開示する訳者コメントは大変重要です。このコメントにより翻訳者として成功するか否かが決まるといってもよい。
発注者(後工程)にとっては、次も発注するか否か、大きな失敗を避けられる人かどうかの判断材料になる。
3.発注者の立場もいろいろ
発注する立場の人も、翻訳に対する考え方に差がある。また、多くは翻訳ではなく出願実務のことを考えています。 発注者の要望・意見には謙虚に受け止め柔軟に対処する必要がある。

有る程度仕事が入るようになったら
C翻訳の品質とスピードの問題・・・プロとアマの差は大きい

発注者にとっての品質とは何か
翻訳者の作品の質なり翻訳者を評価するのは発注者です。発注者の求める品質は許容範囲の品質をコンスタントに出してくれることです。
仮に発注者の許容範囲の品質を80点と仮定しましょう。発注者はコンスタントに80点を上回る品質を出してくれる翻訳者は安心できます。時に95点の作品があるかと思えば70点の作品も出る、と言うことでは不安になります。
とは言っても、時により作品の出来が違うこともありますので、翻訳者コメントなどで補うことが必要です。やはり最後は納品の姿勢を含めて評価されることになります。

品質とスピード
品質を高めるにはやはり翻訳の推敲を重ねる時間をどれだけ取れるかにかかってきます。納期に追われ推敲の時間が充分取れないことをいかに避けるか。
一方翻訳スピードは経験をつむほどに速くはなりますが、基本的には翻訳スピードと品質は相反する要素です。 受注から納品までの自分の作業内容を「頭を使う作業」と「機械的な作業」とに分類してみることも必要です。
単純で機械的な作業は出来るだけパソコンでやらせ、推敲の時間を出来るだけ多く取れるパソコンスキルを磨くことも重要です。


D自分自身に起因するリスクがある、これを考える

<仕事が途切れるのが一番怖い>・・・自分のリスクはどこにあるのか
1.大きな失敗の回避・・納期遅れ、重大な誤訳、調査不足、日本語の読解力不足
2.自分の力量と仕事を請けるバランス・・・受けすぎは大きな失敗につながる。
3.2〜3の発注先確保・・・2社程度から途切れなく仕事がくるのが望ましい。
4.発注先への適度なコンタクト、クライアント開拓に役立つ人脈作り

   ☆最後に、@〜Dをとおして求められることは「謙虚さ」と「柔軟性」です。
---------------------------------
エイバック特許ビジネススクール
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー3階
TEL 03-6205-3489 FAX 03-3292-2701
---------------------------------
TOP へ戻る