特許明細書・意見書作成講座、合宿演習
東京:H20年 6/28.29、大阪:H20年 7/26.27(13時間)
オリエンテーション
1つの発明を題材を 明細書起草→出願→拒絶理由通知→(審査官面接)→意見書作成・補正手続(分割) →最後の拒絶理由通知→補正手続→特許査定(or 拒絶査定)を演習の形で行う。
チーム分けと講師・審査官役の担当
<事前送付>
約1週間前に演習の題材となる発明品と事前資料を宅急便でお送りします。
<事前作業>
事前に自分の「請求項(案)」を作成、前々日までにE-mailで事務局へお送りいただきます。

【演習作業要領】
<チーム別作業>
・基本的にはチーム別の議論を元に起草、文章をまとめる。考え方に差が出た場合は、 チームとして統一が望ましいが、個人別に完成させても可。
<作成範囲(1)>
・最低作成するものは、【特許請求の範囲】(請求項5つ程度)
【発明が解決しようとする課題】 【課題を解決するための手段】【発明を実施するための最良の形態】 としますが、できるだけ他の書類、項目も作成してください。
<作成範囲(2)>
・意見書、補正書、再手続きの意見書・補正書
<作成ツール>
・全員にお渡しするフラッシュメモリに「特許ワードX(特許文書作成エディタ)」が格納されています。すぐに入力ができます。
<擬似出願作業>
・プリントアウトして担当審査官に提出、審査官からの拒絶理由通知も紙で出されます。
<チーム発表>
・最後に一連の作業のポイントをまとめ、発表をお願いします。
<演習用機材>
・全員に明細書作成ソフト【特許ワード】格納済みフラッシュメモリー1個
PC各チーム1台、プリンター

◇共催◇
日本科学振興財団
(東京・大阪)
◇協力◇
経済産業調査会近畿本部
(大阪)

特許明細書・意見書
合宿コース
お申込は下記から
  申込期限
東京:6月13日
大阪:7月11日
お申込後「お支払のご案内」をお送りします。
【日程】
東京:6月28日(土)
大阪:7月26日(土)
13:00pm、ホテル内会議室集合
(注)講師(審査官役)1人当り受講生6名〜8名を担当、受講生24名の場合は講師(審査官)は3人で実施
【特許明細書・意見書、合宿研修の要領】
東京会場:赤坂陽光ホテル 【MAP】   大阪会場:ホテルコンソルト 【MAP】
宿泊:受講生各1人につきシングル又はツイン1部屋  *各自1泊するための準備をお願いします。
◇日本弁理士会会員の皆様へ◇
【弁理士継続研修認定後の単位申請について】
この講座は継続研修の認定を申請中です。認定後に所定の申請手続きをすることにより13単位が取得できる予定です。
表題に戻る

         ◇(株)エイバックズーム/主催、(財)日本科学振興財団/共催◇
                <(財)経済産業調査会近畿本部/協力>

<お問合せ・お申込先>
        (株)エイバックズーム 実行事務局 担当堀部 TEL 03-3292-2700 staff@zoomin.co.jp                               
---------------------------------
(提供)エイバックズーム
TEL 03-3292-2700 FAX 03-3292-2701
---------------------------------